誰もが知っている毛ガニの蟹味噌は

食してみるとすごく口当たりの良いワタリガニの旬と言えば、水温が低くなる12月手前から5月手前までだと伝えられています。この頃のメスは一際、甘味が増すので、お歳暮などの差し上げ品として利用されます。
新鮮なジューシーな花咲ガニで舌鼓を打ちたい。それなら、根室で水揚げされたもの、絶対後悔はしません。待ったなしで在庫ゼロになるから、在庫があるうちに狙いを定めておくことをおすすめします。
贅沢なワタリガニを食べたいなら、「煮るだけ」が究極の方法だと思います。幾分頂く時には苦労するかも知れませんが、ダシの効いている味噌や身は、これ以外のリッチな蟹以上の美味しさを見せてくれるはずです。
ボイルした後のものを食べるつもりなら、本人が湯がくより、湯がかれたものを専門としている人が速やかに冷凍にした品物の方が、天然のタラバガニの美味さを楽しめると思います。
美味しい松葉ガニもジューシーな水ガニも、二つともズワイガニのオスであります。かと言って、似ている甲羅の大きさでも松葉ガニの売価は高く付けられているのに対し、水ガニは比べてみても安値です。

メスのワタリガニについては、冬場~春場の季節に生殖腺が発達することで、腹にたまごを保持することになります。豪華なたまごも口に入れる事が出来る濃い味がするメスは、大変旨いです。
甘くて柔らかくて繊細な身の本ズワイガニは、産地から直送してくれるかに通販を利用する以外ありません。通販から本ズワイガニを購入した際には、大抵の場合どう違うか理解できるはずなのです。
デリシャスな毛ガニを選別するときは、何はさておきお客のランキングや口コミを調べてみることが重要です。お褒めの声あるいはクレームの声、双方とも毛蟹を通販でお取寄せする場合の目印になってくれます。
希少なカニなどと言われる格別な花咲ガニの味。合う合わないがくっきりとする風変わりと言えるカニでしょうが、チャレンジしてみようかと思われたら思い切って口にしてみるべきではないでしょうか。
誰もが知っている毛ガニの蟹味噌は、豊潤な味の究極の一品に違いありません。甲羅を火に掛け、そこに日本酒を混ぜた後で匂いを拡張しながら、毛ガニの味噌を身につけた状態でいただくのも抜群です。

たくさんの卵を産むワタリガニは、カニ下目の内のワタリガニ科に分類されるカニのひとくくりにした呼び方で、日本においては食用となっているガザミや白い模様が付いているタイワンガザミを初めとする、多様のガザミ属を指し示す呼び名となっているのです。
甲羅にとても小さな「カニビル」の卵が豊富に引っ付いているほどズワイガニの脱皮時期から長時間経っており、ズワイガニの身の実態が理想的で魅力的だと認識されるのです。
ワタリガニとなると、甲羅が丈夫で身が重々しいものが選択する時の重要点。煮てみても美味しいが、少し焦げ目がつくくらいに焼いたりしても最高。身にコクがありますので、味噌鍋におすすめでしょう。
卵を抱えている雌のワタリガニの方が、一般的な雄よりも高級品です。若干、食べにくい胸の身や濃厚なミソの部分に当たっては、雄と雌に思ったより差はない感じですが、卵は上質でやみつきになります。
「カニを思う存分食った」幸福感を感じ取れるのはタラバガニで決まりですが、本当のカニのコクのある味をのんびりいただく事が可能なのは、ズワイガニで決まりといった特性が在り得ます。ズワイガニ 通販 ボイル

カニのてんぷらなど揚げ物も

探すとかにの、種類やパーツを説明しているような通信販売サイトもあるため、冬の味覚タラバガニに対することもちょっと物知りになれるよう、それらのインフォメーションを役立てることをご提案します。
「日本海産は秀逸」、「日本海産はオツな味」という心象を描いてしまいますが、観光客が集まるカナダの沿岸海域、綺麗な海のオホーツク海、オットセイなどが多いベーリング海も、ズワイガニとしては「住みつきやすい環境」であるということです。
今年は毛ガニをインターネット通販などで買いたいと考えても、「大きさについて」、「活き・茹で済み」など、どうやって選択するのかわからないという方もいるのではないでしょうか。
殻から外してあるタラバガニの身は、濃い目の味だとは言い切れまんが、かに料理の材料にしても最高です。ハサミそのものは、揚げ物後で食卓に出せば、5~6歳の子供であっても喜んでくれる事でしょう。
湯がかれたものを頂く際には、あなた自身でボイルするより、ボイルが終わったものを販売店が手早く冷凍加工した品の方が、真のタラバガニの素敵な味を感じる事が出来るでしょう。

根室の特産、あの花咲ガニというのは北海道の東側で棲むカニで日本中で支持の高い蟹です。濃く深い味覚を特徴とし、水から揚がってすぐ浜茹でにされた噛むとプリプリとした肉は例えようがありません。
以前は漁業も繁盛していて、地域次第ということですが、カニと伝えればコクのあるワタリガニと考えてしまうくらい普通だったけれども、最近になって収穫量が低下してきて、従前とは対照的に、売られていることも減ってしまいました。
日本全国・カニ通が絶対におすすめする食べ応えのある花咲ガニのおいしさは、豊かでコクのある深いうまみは他のカニにひけをとりませんが、香りにも特徴があり、他のカニよりもしっかりある磯の香がやや強めです。
美味なタラバガニを厳選するための方法は、外殻がとても強いタイプや厚さを感じる事が出来るタイプがたくさんの身が詰まっている物になるそうです。スーパーなどに行くことがある状況で、確認してみるとよいでしょう。
値下げされたタラバガニを通販しているストアでは、脚の折れや傷のついたものを低価で販売されているため、個人のために買おうとしているならこういうものを選ぶ醍醐味もありそうです。

素晴らしいズワイガニは、雄と雌で寸法が違っており、雌は主として当たり前のように卵を包んでいるから、漁獲される産地では雄と雌を別の商品として売っていると推定されます。
大人気のズワイガニは11年の年月で、ついに漁ができる容量に到達するのです。それゆえに総漁獲量が落ちてきて、カニ資源保護の為に、海域の場所によって色々な漁業制限が定められているのです。
大概毛ガニは、甲羅の長さが10~12cm前後の思っているほど大きくないカニで、捕獲の最初は、紫色のような褐色となっているが、湯がいた後にはキレイな赤色になるのです。
たくさんの卵を産むワタリガニは、カニ下目の内のワタリガニ科に類するカニのひとまとめした呼び方で、日本国内では甲羅に刺があるガザミや脚をオールのように動かすタイワンガザミに代表される、鍋におすすめのガザミ属を示す呼び名となっているそうです。
季節限定のうまい花咲ガニを召し上がるなら、なにがなんでも根室原産もの、これで決まりです。遅れたら完売になるので、さっさと目をつけてしまったほうが絶対です。ズワイガニ 格安 通販 美味しい

プリプリした身が嬉しいタラバガニだとしても

生鮮なワタリガニは、漁をしている場所が遠ければ楽しむ事が出来ないため、究極の味を食べてみたいなら、激安のカニ通販でワタリガニを申し込んで頂きたいと思います。
最近までは、通信販売のお店でズワイガニをお取寄せすることなんて、普及してなかったことでしたよね。これというのは、インターネットが特別ではなくなったことも影響を及ぼしているといって間違いないでしょう。
北海道で水揚げされた毛ガニは、国外産の品と比べてみると口当たりが絶妙で後悔することは皆無でしょう。販売価格は少々値が張りますが、思い切ってお取り寄せして食べるのなら、うまい毛ガニを味わいたいという気持ちになるでしょう。
カニを買うならスーパーではなくインターネットなどの通販のほうが、破格で良質しかも手軽だったのです。新鮮で破格のズワイガニは通販で探して得する方法でお取り寄せをして、冬の味覚を心ゆくまでいただきましょう。
通販の毛ガニって、日本人としては一回は使ってみたいものです。年越しや正月にご家族みんなで味わうのもよし、寒い寒い冬ぎっしりとカニの入った鍋をみんなで囲むのも日本特有のものです。

みんなが好きなタラバガニの水揚ナンバーワンは最北の地北海道という事です。なのですから、良質なタラバガニは、北海道より産地直送をしてくれる通信販売でお取寄せすることをご提案します。
茹で上げを味わっても味わい深い花咲ガニではございますが、切って味噌汁を作るときに入れるのも最高です。北海道の人たちは、カニで作った味噌汁を「鉄砲汁」と呼ぶのだそうです。
至高のカニと言われることもある風味豊かな花咲ガニ。合う合わないが明白になるあまりないカニですが、引かれるものがあれば是非にとも食べてみませんか?
このところカニがとにかく好きな人の間でおいしい「花咲ガニ」への興味が集まっています。花咲ガニ全体の8割ほどが捕獲される遠い北海道の根室まで、話題の花咲ガニをたっぷり楽しみましょうという旅行もちらほら見かけます。
「日本海産は抜群」、「日本海産はうまい」という印象を持ってしまうが、日本人も利用しているカナダの漁場、恵まれた漁場として知られているオホーツク海、オットセイなどが多いベーリング海も、ズワイガニからすれば「生活出来る地区」と考えられるのです。

食べたことがなくても新鮮な花咲ガニの身を口にしたなら、蟹の中でも最高の豊かなコクと濃厚な味にメロメロになることは当然かもしれません。好きなものがまたプラスされることになりますよ。
送ってもらってさっそく召し上がれるのに必要な処理済の品物もある事もまた、タラバガニは通販でお取寄せする良い点であるといえましょう。
プリプリした身が嬉しいタラバガニだとしても、味は少しだけ淡白と言えるため、現状のまま湯がいて頂くよりも、素晴らしいカニ鍋で頂く方が絶品だと言われています。
かのタラバガニと比較できる食べ応え、そしてタラバを超えるミルキーで深い味覚へのこだわりがある人には何といってもうならせるのが、北の北海道、根室半島からの新鮮な花咲ガニなんです。
たまに「がざみ」と呼んでいる立派なワタリガニは泳ぐことが上手で、陽気次第で占住地をチェンジして行くと聞きます。水温がダウンして強力な甲羅となり、身が入っている晩秋から春の季節までがピークだと教わりました。安い ズワイガニ 通販 美味しい

宅配が届いたらすぐに食べれるカニもあると

すぐになくなるおいしい毛ガニを食べたいならば、早いうちにかに通販のお店でお取り寄せするべきでしょう。思わずうなり声を上げたくなることを請合います。
海に面している九州の美味しいカニはワタリガニ。脚の部分で身が入っているのはつめの所のみですが、それと引き換えに、甲羅の内側は絶品です。どれも驚かされるほどの最高の部分で構成されています。
雌のワタリガニについては、冬~春に渡って生殖腺機能が充実することで、お腹の部分にたまごを保持することになります。豪華なたまごも食べられる濃い目な味のメスは、本当に絶品です。
味わうと非常に口触りの良いワタリガニの季節は、水温がダウンする晩秋から春だと言われている。この頃のメスは通常よりも旨いので、お歳暮などに使われます。
到着後短時間でテーブルに出せる状態になったカニもあると言うような事が、すぐ食べたいタラバガニを通販でお取寄せする良い点としていうことができます。

寒い時期に食べたくなるズワイガニは、雄と雌で容積が変わり、雌はおおかた通常卵を擁して状況のため、漁がなされる港の漁業関係者の間では雄と雌を別々の物という事で取り扱っています。
切り分けられていない旬の花咲ガニを手に入れた節はさばくときカニに触れて指や手を切って怪我をしてしまうことはありますから、厚手の手袋などを使用したほうが安全に調理できます。
通販の毛ガニは、私たち日本人にとっては一度試したいものです。新年におうちでゆっくり味わうのもよし、凍るような日に身も心もほころぶカニ鍋をつつく楽しみも日本だからこそです。
深い海に住み付いているカニ類は活動的に泳げません。盛んに頻繁に泳いでいるワタリガニの繊細な身が、弾けるように濃厚なのはもっともなことだと聞かされました。
ワタリガニというと、甲羅が硬くて他より重たいものが仕分けるための大切なところ。そのまま茹であげるのもベターだが、ホカホカに蒸しても美味しい。甘みのある身はいろんな鍋にマッチすること請け合い。

旬のタラバガニに舌鼓を打つ嬉しい季節到来です。美味しいタラバガニを通信販売でお取寄せしようと考え、ネットでショップを探し回っている方も、多数いることでしょう。
漁期が定められているので、ズワイガニの旬となっている時節は、普通は冬場が真っ盛りで、期間的にもお歳暮などの贈り物や、おせちの原材料として好まれているはずです。
時に「がざみ」と呼称される格好の良いワタリガニは優秀な泳ぎ手で、シーズンによっては居場所を移動します。水温が下がることで甲羅が頑丈となり、身がプリプリの11月~4月頃までが真っ盛りだとされている。
捕獲量の少なさのため、以前は日本各地で売買はできなかったのですが、インターネット通販が当たり前の時代となったため、日本のどの地域でも花咲ガニを楽しむことができちゃうのです。
ほっぺたが落ちそうなほど甘く繊細な身の本ズワイガニこそは現地から直送のかに通販を利用するのが一番です。本ズワイガニを通販ショップでお取寄せしてみたら、疑いなく違うのが明確になると断言します。毛ガニ 通販 ランキング

主食を昆布として育つ花咲ガニは

普通の毛ガニは、甲羅の大きさが11~13cm位の大きくないカニで、漁獲の始まりは、紺色と類似的な褐色に見えるのだが、沸騰させることでシャープな赤色に変色します。
すぐ売れてしまう絶品の毛ガニを思う存分楽しんでみたいという方は、すぐネットなどのかに通信販売でお取り寄せするのが最善です。思わずうなり声を上げたくなること間違いなしです。
日本各地で手に入るタラバガニの多方はロシア原産であり、大体アラスカ沿岸などに住んでいて、稚内港へと卸されて、稚内より色々な所へ送致されて行くのが通常です。
捕れたばかりのワタリガニは、捕獲を行っている海域が周辺にない場合は味わう事が適うことがありませんから、究極の味を楽しみたいなら、気軽にカニ通販でワタリガニを頼んで欲しいと思う。
あえて言うなら殻はマイルドで、対処しやすいということもおすすめポイントです。立派なワタリガニを見つけ出した際には、絶対に蒸すか茹でるかのいずれかで口に運んでみると良いと思います。

細かくしてあるタラバガニの身は、それほど濃密とは言い切れまんが、他の材料にしても抜群です。ハサミそのものは、揚げ物後で口にすると、5~6歳の児童だとしても先を争って食べること請け合いです。
漁ができる時期に制限があるから、ズワイガニのシーズンは、世間では冬場が真っ盛りで、時節も引き出物や、おせちの材料として使われているに違いありません。
通販でカニを購入できる店は結構あるのですが妥協せずに探すと、嬉しい価格で良質なタラバガニをお取寄せ可能な販売店も見切れないほどです。
格好はタラバガニっぽい花咲ガニについて言えば、幾分体躯は小型で、身を食すと他では味わえないコクの存在に気づくはずです。内外の卵ははまるほど特においしくいただけます。
カニを浜茹ですると身が激減することも考えられませんし、海産物特有の塩分とカニの風味が上手に協調されて、シンプルとはいえ親しまれている毛ガニの味をじっくりと召し上がる事が適うことになります。

主食を昆布として育つ花咲ガニは、抜群の出汁になってくれるので、鍋に入れても最高です。花咲ガニの漁獲量はわずかなので、北海道を除く地域のではどこの市場でもおおよそ置いていないのです。
取り分け、4月前後から6~7月頃にかけてのズワイガニの身は相当優良だと評価されており、うまいズワイガニを食べたいと思う場合には、その期間に買うことをおすすめします。
活き毛ガニというのは、ダイレクトに獲れる現場へ向かい、選り抜いてから仕入れるものなので、経費や手間ひまがが避けられません。であるので、通販店で活きた毛ガニを見かけることはないようなものです。
わざわざ出かけなくても質のいいズワイガニをお取り寄せできることはすごくいいですよね。オンライン通販ならば、他店舗より割安でお取り寄せできることが多くあります。
冬と聞けばカニが恋しくなる時節となりますが、山陰沿岸で陸揚げされる松葉ガニに劣らないのが、瀬戸内海で獲れる新鮮なワタリガニです。正式な名前はガザミと名付けられていて、この頃では瀬戸内を代表するようなカニと言われています。ズワイガニ 美味しい カニ通販

肌のターンオーバー(新陳代謝)が正常だとニキビ予防にも

黒っぽい肌を美白ケアしたいと望むなら、紫外線対策も行うことを習慣にしましょう。屋内にいたとしましても、紫外線の影響を多大に受けます。日焼け止めを十分に塗って対策しておきたいものです。
肌の調子が今一歩の場合は、洗顔の方法をチェックすることによって元の状態に戻すことが可能なのです。洗顔料を肌を刺激しないものに置き換えて、ソフトに洗っていただくことが必要でしょう。
ストレスが溜まり過ぎてしまいますと、自律神経が狂ってホルモンバランスが崩れ、嫌な肌荒れが発生してしまいます。自分なりにストレスを排除してしまう方法を探さなければなりません。
定常的に運動に取り組めば、ターンオーバー(新陳代謝)が促進されます。運動をすることによって血液循環が滑らかになれば、ターンオーバーも活発になるので、美肌美人になれるのは間違いありません。
加齢により毛穴がはっきりしてきます。毛穴が開きっ放しになることで、表皮が緩んで見えるわけです。老化の防止には、毛穴を引き締める努力が大事なのです。

冬の時期にエアコンの効いた部屋の中で丸一日過ごしていると、肌が乾燥してきます。加湿器を動かしたり窓を開けて空気を入れ替えることで、好ましい湿度を保持して、乾燥肌になってしまわないように努力しましょう。
「レモンを顔に塗ることでシミが薄くなる」という裏話を聞いたことがありますが、真実ではありません。レモンの汁はメラニンの生成を盛んにする作用があるので、尚更シミが誕生しやすくなるはずです。
意外にも美肌の持ち主としても名を馳せているタモリさんは、体をボディソープで洗うことはないそうです。皮膚についた垢はバスタブにつかるだけで落ちることが多いので、利用する必要がないという理屈なのです。
肌のターンオーバー(新陳代謝)が正常に行われますと、肌が新しくなっていくので、大概思い描いた美肌になれると思います。ターンオーバーがスムーズでなくなると、始末に負えないニキビや吹き出物やシミが顔を出す危険性が高まります。
加齢に従って、表皮の入れ替わりの周期が遅れていくので、不要な老廃物が毛穴などに詰まることが多くなります。今話題のピーリングを周期的に行えば、肌がきれいに生まれ変わるだけではなく毛穴のケアも可能です。

ほうれい線が目立つ状態だと、年寄りに見えてしまうのです。口輪筋という筋肉を積極的に使うことによって、しわを目立たなくすることが可能です。口の周囲の筋肉のストレッチをずっと続けていきましょう。
外気が乾燥するシーズンに入りますと、肌の水分量が減少するので、肌荒れに思い悩む人が増えることになります。こういう時期は、ほかの時期とは全く異なるスキンケアをして、保湿力を高めましょう。
年を取れば取る程乾燥肌で悩む人が多くなります。年齢を重ねていくと体内に存在する水分だったり油分が低下していくので、しわができやすくなるのは当然で、肌の弾力もなくなってしまいがちです。
シミがあると、実際の年齢よりも年寄りに見られることが多いです。コンシーラーを使えば目立たないようにできます。更に上からパウダーをかければ、ツルンとした透明感のある肌に仕上げることも不可能ではないのです。ニキビ跡を消すオールインワンゲル

異変に気付いたらすぐに病院へ

私は生理が始まったのは中学1年の時です。高校生になった頃から年に1回程出血多量の時がありました。でもそれは生理開始から2日目だけで年に1回だけでしたから、余り気にしていなかったです。
しかし悲劇は高校卒業と同時に起こりました。その出血多量が1日で終わらず何日も続いたのです。夜用のナプキンが30分しかもたず、夜寝る時はナプキンを8枚も重ねてバスタオルを敷布団の上に何枚重ねても、朝には布団は血の海状態でした。
動悸、息切れ、めまいと次々と不調が出てきたので産婦人科に行きました。低血圧、出血多量によるひどい貧血で輸血が必要なため即入院になりました。子宮癌などの検査もしましたが特に異常はなしという事でした。
産婦人科の医者からは「若年性子宮内出血だよ。若い人にはよくある病気。」と言われました。でも当分安静にして来月の生理が無事に終わらないと退院できないという事でしたから、結局1か月半入院生活を送ることになり、退院後もすぐには働けないと言われたため4月から社会人として勤務先が内定していたにも関わらずお断りしないといけない結末になりました。お先真っ暗でとても辛い時期でした。
私みたいな体験を女性の皆さんにしてほしくないので、生理がいつもと違うと感じたら直ちに病院へ行きましょう。早く行けば私は入院しないで済んだでしょうし、もたもたしていたら命取りになります。

月経カップを使ったら自分が過多月経だということに気づいた

私はネットで生理について調べている時、月経カップなるアイテムがあることを知りました。
今までお昼でも夜用のナプキンやタンポンのスーパープラスを愛用しており、自分でもちょっとおかしいなと思っていました。
ネットで調べると過多月経の基準が載っていますが、そこに自分が該当するのかナプキンなどでは判断できませんでした。
そこで月経カップを使って、生理の量を測ることにしました。
私が使用したのは、カップの内側に目盛りがついているディーバカップというものです。
最初は入れるのが痛くて苦労しましたが、色々工夫することで自分にピッタリの入れ方のコツを掴むようになりました。
最初の月は漏れなどもあったので、正確な量は測れませんでした。
ちゃんと計測できたのは翌々月からなのですが、かなり過多だということがわかりました。
私の月経量は150mlを超え、最多の月で220mlほどありました。
これは明らかに多いということで婦人科を受信しましたが、筋腫などもなく原因は不明でした。
生理痛が一切ないので問題ないということになりましたが、これ以上重い生理が続くようなら避妊リングの使用を検討しています。
20代の未産婦が使うには麻酔なしでは負担が大きいなどという話を聞いています。
なので月経カップで毎月の出血量を測っては、エクセルでグラフ管理をして体調の変化を客観的に確認できるようにしています。

強烈な生理痛が病気のシグナルに思えてこわい

私は子供の頃から生理痛がひどい方でした。
生理の間ずっと痛いわけではなく、まれに激痛がドシンと来るという感じでした。
ですから子供ながらに「生理でこれだけ痛かったら出産の時はどうなっちゃうんだろう」と思っていたくらいです。
大人になってからも同じような生理痛はずっと続いていました。ですがだんだんとその痛みが強くなってきた感じがあります。
そしてとうとうあまりの激痛に気を失いかけました。脂汗がとまらず朦朧とする意識のなかで救急車を呼ぼうかと携帯電話をにぎりしめました。
これはただの生理痛ではなく、子宮内膜症など何かの病気が潜んでいるのではないかと心配になり後日病院に行くことにしました。
病院で質問されたのは「痛みは普通ですか。強いですか」というもの。でも痛みの強さってどう説明したらいいのかわからないんです。
子どもの頃から痛くてそれが強くなったから不安になったけれど、生理痛の痛みが普通どれくらいなのかなんてわかりません
この強烈な痛みも生理として普通なのか、私が相当我慢しているレベルのものなのか他の人と比べようもありません。
簡単に内診をされて「腫れてないし大丈夫じゃないかな」とだけ言われ、「じゃあ失神しそうなほど痛いのは生理痛ですか?」ときいたら泌尿器科にもいってみたらと言われて終わりました。
ネットで調べると子宮内膜症などはなかなか見つけられないとありましたし、本当にこれで大丈夫なのかと不安なままです。
当然泌尿器科では何も異常は見当たらず、子宮の激痛に耐えながら毎月の生理を迎えています。

産後のPCOS

出産するまで私は生理不順とは無縁でした。
生理は毎月だいたい決まった日にちにきて7日間出血していました。
ピルを飲んだこともほとんどありませんでした。
しかし、産後すぐに生理不順になりました。
生理がこないわけではありません。
出血が止まらないのです。
今まで七日間だった生理が七日で終わらなくなっていました。
はじめは自然に治ると思っていました。
ですが、半年経っても良くならずそれどころか徐々に悪化していく一方でした。
出血が止まらない私はかなりイライラしていた覚えがあります。
育児ストレスもあるのでこのままではいけないと思い、はじめは近くの総合病院の婦人科で診てもらいました。
そちらの先生は止血剤を処方してくださいました。
しかし、こちらの薬を飲んでも生理の出血が止まることはありませんでした。
出産してから二年後、私は毎月二週間以上生理の出血が続き、精神的にも体力的にも疲れていました。
このままでは時間の問題だと思い、今度は息子を出産した実家近くの大きい総合病院で診てもらいました。
そしてそちらの病院で検査をした結果、PCOSだということが判明しました。
病名が分かってからは常にピルを飲んでおります。
薬を飲み始めてから生理不順は良くなりました。
以前のようにだらだらと出血することがなくなり、イライラが軽減されたと思います。
閉経まで私はピルを飲み続けると思いますが、良い薬が見つかったので本当に良かったです。